妊娠中及び産後など女性特有の腰痛

女性の場合・・男性と違い・・思春期から老年期まで、一生を通じて・・
女性ホルモンの影響を大きく受けます。

ですから・・各年代でいろいろな腰痛に悩まされることがあります。

妊娠中には、お腹が大きくなることで重心が変化し、筋肉の疲労を回復をしにくくしたり、関節への負荷が強まることもありますが、ホルモン分泌の影響により腰痛が起こることもあります。
また、更年期以降は、女性ホルモンの低下によって、骨粗しょう症による腰痛や運動制限がみられることもあります。

女性の体は男性よりも柔軟性があります。(そうでない方もいらっしゃいますが・・)
これは、骨と骨をつなぐ靭帯という組織がよく伸びる性質をもっているからです。

裏を返せば、このような性質は、背骨を支える力が弱いとも言えます。

ですから、背骨を支えている筋肉や靭帯が弱いと産後に筋肉性腰痛や変性すべり症による腰痛が現れやすいとも言えます。
これらの予防対策として、若い頃から運動をして腹部、背部、脚部に筋力をつけておくことがとても大切です。

あらた整骨院の整体療法は、関節の可動域を広げて、骨盤や背骨の歪みを整え、血流やリンパの流れをよくするので、腰痛を改善するのにとても有効です。

女性に多い腰痛の特徴


男性との決定的な違いは・・女性には・・生理、妊娠、出産、閉経に関連する腰痛が起こることがあります。

生理時には、子宮付近の充血やうっ血によって腰痛がみられることがあります。

当院には、妊娠中や出産後による腰痛や坐骨神経痛の方もよく来院されます。

性成熟期は、子宮筋腫とか子宮内膜症、卵巣のう腫などの婦人科系があると、下腹部痛だけでなく、腰痛を訴える方もみられます。
閉経前後には、分離すべり症や椎間板ヘルニアなど腰椎の異常にともなう腰痛が起こることもあります。
更年期は、自律神失調症の症状としても腰痛がみられることもあり、更年期以降は、女性ホルモンの低下により骨粗しょう症による腰痛もみられる方もいます。

筋性(筋疲労性)腰痛

慢性腰痛の多くは、この筋性腰痛です。

女性は腰や背骨を支える筋肉や靭帯の力が弱いために腰に負担がかかり、腰痛が起きやすくなっています。

生理中に起こる腰痛

機能性月経困難症では、月経の開始時に腰痛が強く起こり、主に若い年齢層に多く見られます。

月経前困難症では、月経の開始前3~7日間に腰痛が起こり、主に中年層にみられます。
どちらもその時期が過ぎれば、腰痛は軽快し消失していきます。
女性の腰痛は、エストロゲン、プロゲステロンのホルモンバランスがが関係し、子宮付近の充血やうっ血によって腰痛が起こります。

妊娠中や出産後の腰痛

妊娠にともなう腰痛は、妊婦の姿勢の変化によるものが多いです。

だんだん大きくなる子宮によって、腹壁が前方に出て身体の重心が前に移動し、
反り返った姿勢で歩行するため腰に負担がかかります。

腰痛は一般的に妊娠中期に強く現れてきます。
出産後の腰痛は、分娩による骨盤の緩みが出産後にも残るために起こると考えられています。

子宮筋腫など婦人科系による腰痛

子宮筋腫はエストロゲンの刺激によって発育が進み、内膜症は、子宮内膜が子宮筋層や卵巣、腹膜、腸管壁などに進入して生じます。

これらは月経困難症としての腰痛を誘発します。

子宮筋腫では、筋腫がかなり大きくない限り、腰痛は月経後には消失しますが、内膜症では病変部の出血にともなって、月経後にも腰痛が続くことが多くみられます。
卵巣のう腫の原因の約半数は、内膜症によるものといわれます。
子宮内膜が卵巣内に転移し、出血を繰り返して腫れてきますが、これをチョコレート嚢腫(のうしゅ)と呼んでいます。

変性すべり症による腰痛

比較的、中年以上の女性に多くみられます。

椎間板の老化や腰椎の靭帯の緩みなどによって、腰椎がお腹側の前方へすべって神経を圧迫するため、腰や足に痛みを感じます。

ひどくなると、坐骨神経痛により歩くとき痛みを生じます。

短い距離なら歩けるのですが、長く歩いたりしているとお尻や太ももの部分が痛くなって、歩けなくなります。
しばらく、しゃがんで休んでいると痛みが軽減し、また歩けます。

更年期、自律神経失調症による腰痛

更年期における自律神経失調症は、女性ホルモンの低下により、さまざまな因子が影響して視床下部における自律神経中枢の働きが乱れて生じます。

中枢のバランス乱れは末梢におよび、のぼせ感や発汗のほかに、腰痛や背中の痛みがよくみられるようになります。

骨粗しょう症による腰痛

閉経後は、女性ホルモンの低下によって、骨からカルシウムが失われ、腰痛を起こしやすくなります。

高齢の女性に最も多く、腰、背中、大腿部などに痛みがみられ、もろくなった背骨は、ちょっと転んだだけで圧迫骨折を起こして、激痛がみられるようになります。
骨粗しょう症は予防が重要です。

骨粗しょう症になりやすい人ては、比較的若い年齢で閉経になった人、運動をしない人、小柄な人、肉食が多い人、お酒を飲みすぎる人、たばこを吸いすぎる人、ステロイドを服用している人、家系的にこの病気になりやすい人などがあげられます。

このような方は、出来ることであれば日常生活を改めて・・良い習慣として・・

1、適度な日光を浴びる。
2、食べ物からカルシウムの十分摂る。
3、規則的に歩いたりして運動を実行することが大切です。

妊娠中及び出産後の腰痛整体

当院の整体療法は、妊娠中でも、産後でも出来るソフトで安全な施術です。

ボキボキすることも、グイグイ強く押すことないので、妊婦の方でも出産後の方でも安心な整体です。

当院の整体の特徴は、直接、骨盤や腰にアプローチするのではなく、優しい力で手や足を動かして体の各関節が本来の位置で正常に動くようにします。

骨盤や背骨、股関節や筋肉等の身体の各パーツの歪みが 解剖学的に正しい位置で本来の動きができるように改善されます。

歪みが取れると筋肉が過剰に緊張する必要がなくなります。その 結果として、血流や神経、リンパの流れが良くなり 腰の痛みやコリ、しびれ等不快な症状が自然に取れていきます。

そのつらい腰の痛み、私に改善させて下さい。
お悩みの方は
お気軽にお電話下さい。

完全予約制で院長が責任を持ってしっかり施術致します。

電話(099)-258-1141

⇒院長のプロフィール

あらた整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel099-258-1141

鹿児島市荒田1-40-11 トーカンマンション1F
荒田八幡電停より徒歩1分

ページトップへ戻る