股関節の痛み

歩いたり、運動すると足の付け根が痛みだし、初めはそれほどでもなかった
痛みが、徐々にひどくなってきたら、股関節の病気の可能性があります。

整骨・整体を受けた感想「腰痛・股関節痛」
twoshot4520代の頃から腰痛に
悩んでおり、数ヵ月前から・・股関節の痛みがひどくなり、
座っていても寝ていても、辛い状態でした。2件の整形外科で診てもらいましたが、「コルセットと痛み止め、シップで様子を・・・」との事で症状は、一向に改善されず、不安な日々を送っていました。そんな時、ネットであらた整骨院を知り、お世話になることにしました。

今村先生はとっても穏やかで、体のことを1つ1つ説明されてから治療してくださいます。

   
施術前は股関節が固い 施術後は柔らかくなった

通院の回数を重ねるごとに痛みがびっくりする位になくなっていき、周りからも「元気になったね。姿勢が良くなったね!」と、言われるようになりました。

今まで「整体は痛い、怖い」というイメージを持っていた私でしたが、全く違いました!!

先生の人柄も大好きなので、これからも心と体のためにも定期的に通っていきます。

Y・Y様 主婦 鹿児島市

股関節の痛みを訴える人は、脚の開きが悪く、尾てい骨と膝の裏やお尻の下の筋肉を押すと痛みもあります。
股関節には軟骨部分があり、これが骨と骨の動きをスムーズにさせていますが、歳をとってきたり、スポーツなどで股関節に過度の負担をかけると、この軟骨が擦り減り、軟骨の下の骨があらわれてきます。

これがこすれて、炎症をおこし痛みがでるのですが、おもに股関節や膝関節にこの症状が多く現れます。

若い人にもよくみられますが、これはランニングやハードなダンスなど・・
股関節に衝撃にかかる運動が原因となるものが多いようです。

股関節の痛みの大半はこれらの単純性股関節炎といわれるものですが、まれに細菌感染がもとでおこるものもあり、大腿骨頭壊死など骨の一部が死んでしまう病気になることもあります。

まず、専門医の診断をしてもらう方がよいでしょう。

単純性股関節炎の場合、あらた整骨院では、全身のバランスを整えて、ももの内側と外側の筋肉やお尻の筋肉を緩め、股関節の動きをよくする矯正を行います。

あらた整骨院には、股関節の痛みを抱え多くの方が来院されています。

股関節障害は腕や肩と違い、将来、歩けなく不安もありますので、まだ、変形性にならないうちに治療をされることをお勧め致します。

骨盤と股関節の役割

骨盤は、人間の上半身と下半身を体の真ん中でしっかりとつなぎ、バランスをとりながら、腹部と骨盤内にある大切な臓器を守っています。

そのため、人間にとってはもう1つの”脳”といってもいいくらい大変重要なものです。

その骨盤の中でも股関節は、要となる場所で、股関節のくぼみの中に大腿骨の頭が入ることで、体の上部と足をつないでいます。

股関節は、筋肉と骨格のバランスを保つうえで、中心的な役割を果たしているので、ここに問題が起きると、頭から足先までの全身に強く影響を及ぼします。

ですから・・・非常に大切な関節なのです。

股関節の痛み・変形性股関節症について

股関節における変形性関節症を、変形性股関節症といいます。

先天性股関節脱臼の治療を受けた人に起こることもありますが、生まれつき股関節に軽度の障害があった人に発症しやすい傾向があります。

子供の頃や成年期には、普通の人と同じように歩いたり、運動したりして異常を感じなかったのに、40歳頃になって股関節の調子が悪いことに気づくこともあります。

この場合、40歳代後半になると、常に痛みが起こり歩行に支障をきたすようになります。

変形性股関節の症状

変形性股関節の症状は股関節だけでなく・・臀部、大腿部、膝上部に痛みが起きることがあります。

疼痛は、初期では短い期間に見られ、すぐに治ってしまいますが、進行期では、動き始めるときに痛みが強く、動いていると軽くなることが多く見られます。
長く歩いていると痛みが再び起こり、歩行に支障をきたすようになります。
末期になると、たびたび休まないと歩けなくなり、また、杖を使用するようになってきます。
安静にしているときは、痛みはありません。
疼痛が強くなるにしたがい、股関節の動かしにくさも強まってきます。

初期には運動制限はあまりありませんが、外転制限が起き、開脚が困難になってきます。

日常生活では、自分で靴下をはいたりすることが難しくなったり、和式のトイレでしゃがむことが困難になります。
歩行障害の原因は、疼痛と下肢の長さが左右違ってくることにあります。
足の長さは、亜脱臼や頚部短縮などによって数cm以上の違いになり、歩行時に上下方向に体が揺れるようになります。
歩行に支障がある場合には杖を使う方がよいでしょう。

また、体重増加が最も股関節に負担をかけ、悪化させることになるので、太らないよう、標準体重をこえないように注意することが大切です。

あらた整骨院には、股関節の開脚痛や歩行痛、走行痛などに悩む方が多くみえます。
施術は股関節だけでなく、肩や腹部、臀部、脚の筋肉を緩め歪みを調整していきます。

また、筋力の増強も重要ですから、股関節に負担をかけずに周囲の筋肉をきたえる筋力強化訓練や運動療法も指導しています。
自分で出来る運動療法としては、自転車こぎや水泳などもいいでしょう。
但し、変形が過度に進行した状態や病的な症状によっては医療機関を勧める場合もあります。
迷っておられるなら、お気軽にご相談ください。

 

⇒整骨院の詳しい地図

あらた整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel099-258-1141

鹿児島市荒田1-40-11 トーカンマンション1F
荒田八幡電停より徒歩1分

ページトップへ戻る