胸郭出口症候郡とは?

首の筋肉と鎖骨と第1肋骨の間で囲まれた部分を胸郭出口といい、この狭い部分には、重なり合うようにして血管と神経が通っています。

何らかの理由でこの胸郭出口部分が狭くなり、血管や神経が圧迫されて、肩こりや痛み、腕の脱力感・手のしびれなどを引き起こす症状を胸郭出口症候群といいます。

胸郭とは、胸の中心にある胸骨と胸椎(腰より上部の脊椎)と左右12本の肋骨で囲まれた部分を言います。

胸郭の中には心臓や肺などがあります。

心臓と腕を結ぶ血管(鎖骨下動脈、鎖骨下静脈)は、肩付近にある胸郭出口という部分を通っています。
胸郭出口とは、首の前方の筋肉にあたる前斜角筋、中斜角筋、第1肋骨、鎖骨、小胸筋で囲まれています。
胸郭出口は、脊椎から枝分かれして腕につながる神経(腕神経叢)の通り道でもあります。

胸郭出口が狭いと、血管や神経が骨や筋肉によって圧迫され、肩こり、首・肩にかけてのこわばり、痛み、腕の冷感や脱力感、肩や腕の痛みや手のしびれなどさまざまな症状が現れます。

腕神経叢は周囲の交感神経とつながっているので、自律神経が影響を受けて顔面のしびれ、頭痛、吐き気、目のかすみなどを伴うことがあります。

女性では20~30代の、なで肩など・・筋肉があまり発達していない人に多く見られます。

これは、筋力が弱いため、腕神経叢が腕の重さによって胸郭出口で引っ張られて症状が出るためです。

また、男性では、中高年で怒り肩、筋肉質、首の短いタイプに多く発症します。

これは、血管や腕神経叢がまわりの組織によって圧迫され、血行が悪くなったり神経が炎症を起こすためと考えられています。

ちなみに斜角筋症候群という病名もありますが、胸郭出口症候群と似たようなものです。

胸郭出口症候郡に対する、あらた整骨院の整体施術

腕を下に引っ張ってみて症状が出るようならば、この病気が疑われます。

また、病院ではX線検査で骨の形態や頸椎などの状態をチェックします。

日常生活では、腕を下げて行うような作業や首に負担をかけるような動作を避け、重いものを持ったり上に上げたりしない方がいいでしょう。

あらた整骨院では、手技により首の動きを良くして、小胸筋や斜角筋と連なる首や鎖骨周辺の筋肉の緊張をとり、胸郭まわりの肋骨のゆがみを調整し、胸郭出口を狭くしている原因を取り除きます。

大抵、これらの保存的な施術で症状はかなり軽快していきます。

また、軽度であれば自宅で筋力強化で胸郭出口を広げる体操で症状も改善することができます。

胸郭出口症候群や斜角筋症候群で症候群でお悩みの方は・・どうぞご相談下さい。

 

⇒手のしびれ

あらた整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel099-258-1141

鹿児島市荒田1-40-11 トーカンマンション1F
荒田八幡電停より徒歩1分

ページトップへ戻る