腱鞘炎の痛み

腱鞘炎は、腱(骨と筋肉を結びつけているヒモ状の組織)を包んでいるトンネルのような部分が熱や痛み、腫れなどを伴う症状です。

医学用語では狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)と呼ばれています。

主に手・指・肘の腱の周辺に炎症が起き、時には腕全体に慢性的な痛みとだるさを伴うこともあります。

kensyo当院の経験上では、親指から手首にかけての腱鞘炎が一番多いようです。

トンネル状の部分は、腱をすべりやすくする役目を果たしているので、この病気になると筋肉の動きが妨げられます。
指の屈筋腱(指を曲げるとき使う腱)に起こることが多いので、一般的腱鞘炎というと、指が痛くてうまく曲がらなくなる状態のことをいいます。
この病気は、タイピストなど指や手首を酷使する人の職業病のように考えられていますが、家庭の主婦や中年男性にもしばしば見られます。
指を曲げたり伸ばしたりするとき、バネのような抵抗感があり、ポキッという音がして痛みを感じるようなら、腱鞘炎を疑ってみなければなりません。
痛みは手首の甲側の、親指のつけ根に出ることが多く、小指側に出ることもあります。

一度指を曲げるとうまく伸びなくなり、無理に伸ばすと、急にカックンと伸びるのをバネ指といいますが、これも腱鞘炎の一つです。

現代医学では、副腎皮質ホルモンを腱鞘の中に注射し、痛みを止めてしばらく指の運動を避けるという方法をとりますが、薬害が激しいうえに指を動かさないでいると、自然治癒力が弱まってしまいます。
症状が進むと、整形外科で手術を受けなければならないこともあります。

腱鞘炎の分類

大きくわけるとドゥケルバン腱鞘炎と弾発指(バネ指)に分けられます。

1、ドゥケルバン腱鞘炎とは手首部分の炎症の一つです。
重い物を持ったり、赤ちゃんを長時間抱っこしてなる腱鞘炎の多くがドゥケルバン腱鞘炎と呼びます。

2、弾発指弾発指、通称バネ指と呼ばれています。
手指付近の炎症の事で、指を曲げた時に伸ばそうとしても伸びなかったり、無理に伸ばすと痛みが生じたり、パキンと弾けるように伸びることがあります。

ドゥケルバン腱鞘炎にしても弾発指にしても原因は負荷のかけ過ぎにあります。
手指を使い過ぎたり、腱鞘に負担のかかる重い物を持ったり、捻り過ぎたりすることが原因とされています。

腱鞘炎の原因

1.同じ動作の繰り返しによる使いすぎ

腱鞘炎になりやすい人としては、手首をよく使う主婦、調理師、美容師、大工さん、パソコンをよく使う方、、楽器の演奏者、テニス、ゴルフをよくする人などです。
しかし、同じ動作をしていても腱鞘炎になる人とならない人がいます。
その違いはなんなのでしょうか?それは、体の機能が悪い状態で、繰り返し動作をしているのが原因と私は考えています。

肘の骨が微妙にズレている場合もあり、そのまま繰り返し作業をすることで発症することもあります。手首や指の関節が硬かったり、逆に緩み過ぎていたりしても発症しやすい原因になります。

また、骨盤や背骨、肩、首などのズレや捻じれがある状態でいると、その影響は、腕、手首、指先にも出ます。
体は、全身つながっているからです。
整体でバランスを整える事は、とても大切なことです。

2.血流障害

手の腱鞘炎になりやすい人は、首、肩に凝りがあり、腕の筋肉に力が入っていて抜けない方が多いです。
首、肩、腕が緊張状態になっていると、当然血の巡りが悪くなります。
また、女性は男性に比べて冷え性の方が多いので血行不良になりやすいです。

3.ホルモンバランスの変化

妊娠中にリラキシンというホルモンが分泌され、恥骨をはじめ全身の靭帯が緩み、全身的に関節は緩みます。
もちろん手首の靭帯も緩むので、その影響で手首が不安定になり、筋肉の負担が増えることで腱鞘炎になります。

4.糖尿病や心臓などの病気

糖尿病や心臓病になると血液の流れが悪くなり、むくみがひどくなるので腱鞘炎になりやすくなります。

女性に多い腱鞘炎

女性は妊娠中や産後に腱鞘炎になり・・手首の痛みを訴える女性は多くみられます。

なぜなら、リラキシンホルモンの分泌で手首が緩み不安定になった状態で、
手首や親指を使い過ぎたり、産後は赤ちゃんを抱っこする機会が増え、手首に対する負担が大きいからです。

女性特有の原因として、腱が男性よりも細いということも原因の一つになります。
腱が細いと、当然、かかる負担も大きくなります。
また、ホルモンのバランスの変化が男性に比べて大きく、その変化は、出産、閉経、そして毎月の生理など日々起こっています。エストロゲンというホルモンの増減によって腱が肥大したり腱鞘が厚くなることによって腱鞘炎の症状が出やすくなるのです。
ですから腱鞘炎は更年期にも起こりやすいということです。

あらた整骨院の腱鞘炎に対する整体施術

「手術をしないと腱鞘炎は良くならないんじゃないの?」ってあきらめないでください。

腱鞘炎になると痛いのはもちろん・・字を書けない、ペットボトルのフタが開けられない、子どもを抱っこできない、仕事・家事が辛いなど、日常生活にさまざまな支障が出てきます。
しかし、仕事や育児を代わりにやってくれる人もいないので、そのままガマンながら生活していたら反対側も痛くなったという方もいらっしゃいます。
病院では、湿布やサポーター、痛み止めなどで様子をみて・・それでも痛みが酷い場合は手術を勧められます。

当院には腱鞘炎の方も多く来院されます。
当院で施術するとその場で痛みが軽減することもありますが、だいたい1ヶ月ぐらいで痛みが無くなっていく場合がほとんどです。
もちろん重い症状を患って長い場合はその分、施術にも時間がかかります。

当院では、親指の捻じれ、手首、前腕骨、前腕筋の調整はもちろん背骨や骨盤のゆがみも調整しています。

実は・・擦り傷が何もしなくても自然に治るように腱鞘炎も自然に治らなければおかしいのです。

体にズレや歪みがあると、全身の神経やリンパ、血液の流が悪くなります。
そのような状態は、自然治癒力が低下して、症状がなかなか治らないのです。
痛みは手首にあるかもしれませんが、整体で全身の歪みを整える事は、腱鞘炎の改善にとっては欠かせないものなのです。

つらい腱鞘炎でお悩みのあなた・・いつまでガマンしますか?

私が改善します!

 

⇒当院の整体料金

あらた整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel099-258-1141

鹿児島市荒田1-40-11 トーカンマンション1F
荒田八幡電停より徒歩1分

ページトップへ戻る