冷えと頭痛の関係

痛みは筋肉から起こる

人の体を継続的に苦しめる痛みは、筋肉から発生することが多いです。例えば・・肩こりは肩の筋肉から、腰痛は腰の筋肉から痛みを感じます。他にも狭心症、心筋梗塞は心臓の筋肉から痛みが発生します。

片頭痛の起こる仕組み

片頭痛も脳の動脈血管にある筋肉から発生します。片頭痛は脳の血管が縮んで痛みが発生するのではなく、血管が広がることで発生するのです。片頭痛は『冷え性』の女性に多く、頭痛が激しいと嘔吐をともなうこともあります。

「これは、相当きついですよね」『冷え性』の状態にさらに『過労』『睡眠不足』などストレスが加わると、交感神経の緊張により全身の血管は収縮し、いっそう血流が悪くなります。
そこで、人間の体は強い交感神経の緊張から逃れるために緊急反応として『副交感神経』を緊張させます。

嘔吐の起こる仕組み

『副交感神経』の働きにより、その結果、収縮した脳の血管は急速に拡張へと転じ、脳の血流を増加させるため頭痛が起こり、水分の排出として嘔吐もみられます。

頭痛と嘔吐はすべて冷えた身体を温めようとする一種の自己防御反応です。ですから、『片頭痛は身体が冷えている』という警告のひとつなのです。整体でキチンと体の歪みと自律神経を整え、規則正しい生活を送ることが大切です。
あらた整骨院は完全予約制です。
お気軽にご相談ください。電話099-258-1141

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
あらた整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel099-258-1141

鹿児島市荒田1-40-11 トーカンマンション1F
荒田八幡電停より徒歩1分

ページトップへ戻る