腰を反らすと痛い

腰痛には2つのタイプがある

腰痛には大きく分けると、『腰を反らすと痛みが出る腰痛』と、『前かがみになると痛みが出る腰痛』があります。
ここでは、腰を反らすと痛みが出る腰骨の歪みについて解説します。

腰椎過剰前弯(ようついかじょうぜんわん)

『腰を反らすと痛みが出る腰痛』のタイプには、腰の反りが強いタイプ【腰椎過剰前弯】(ようついかじょうぜんわん)の方が多いです。 若い女性や肥満気味の腰痛持ちの方に多く見られ一見姿勢がよく見えます。

体を後ろに反らせると腰に痛みが走ります。腰骨の関節の間隔がせまくて負荷が関節にもろにかかります。
ですから、筋肉の痛みというより、腰骨の痛みとして感じます。
腰の筋肉は硬直もなく、割と柔らかいのにもかかわらず、腰が痛いと言います。

腰の骨のことを医学用語で腰椎(ようつい)といいます。
腰の骨は、腰椎1番から腰椎5番までの5つの骨で構成されています。
腰椎が正常な人は、軽く前に反るようにカーブしています。これを腰椎の前弯(ぜんわん)といいます。

腰椎の前弯カーブが強いと、あお向けで寝たときに腰と床の間のすき間が広く手がスポスポ入ります。
あおむけで寝ると腰痛を感じることもあります。
ですから、うつ伏せや横向きで寝る方が比較的にラクです。

長時間の立ち仕事などで腰痛を感じる方もこのタイプが多いです。
また、女性の方で生理痛や生理不順、生理時の腰痛が酷くなる人もこのタイプが多いです。

腰椎過剰前弯を自分で見分ける方法

・体を後ろに反らすのがツライ
・よく首が寝違えをおこす
・腹筋が弱く腹筋運動が苦手
・あおむけで寝ると腰が痛い、仰向けに寝ると腰が浮く
・股関節痛になりやすい
・無意識のうちに猫背になっている
・太ももの前の筋肉が緊張している
・すねの筋肉が疲れやすい、夜中につることがある
・O脚である
・横向きで寝ると比較的にラク
・立仕事で腰が痛くなる

※注 必ず上記のような症状がみられるわけではありません。個人差があります。
実際には『反らすと痛い腰痛』には過剰前弯以外に他にも様々なパターンがあります。

腰を反らす(伸ばす)と痛みが出る腰痛がなかなか改善しない方は、専門家の治療が必要だと思って来院ください。

完全予約制 099-258-1141

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Print this pageEmail this to someone
あらた整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel099-258-1141

鹿児島市荒田1-40-11 トーカンマンション1F
荒田八幡電停より徒歩1分

ページトップへ戻る