腰痛で整体を受けても治りにくい人の特徴

なぜ、腰痛で整体を受けてもなかなか治りにくい人、効果が出にくい人がいるのか?

腰痛、首の痛み、肩の鈍痛、ひざの痛み、不調が現れた際に、同じ整体師から整体を受けても、なかなか治りにくい人、効果がでにくい人がいます。
身体は機械ではないので、同じような症状でも治る人と治りにくい人がいます。なぜかといいますと、体を治すのは整体師ではなく自分自身だからです。

整体はあくまでサポートです。整体を受けることで身体の機能が高まり、あとは自分自身の自然治癒力で治してくれるものだからです。

ですから、その治ろうとする働きを自分で邪魔している人は治りにくいと言えます。

整体を受けてもなかなか治りにくい人、効果が出にくい人の特徴

□笑わない人
一切笑わない人は治りにくいです。ブスっとした表情だとその場の雰囲気も暗く重くなり施術もやりにくいです。逆に、にこやかな表情の方は治りやすいですし、整体施術もやりやすいです。笑うと心身も緩みます。

同じ笑わない人でも、単に、おとなしい人や暗い性格の場合には、それほど効果がでにくいということはありません。怒っているような人や、威張っている人や、こちらを見下したような態度だったたりすると、経験上治りにくいです。その感じの悪さが実は治らない原因だったりします。そこに気づかない限り、表面的な整体施術をしてもよい効果は望めません。

□薬をすぐ飲む人
薬は治すものではなく、症状をおさえるものです。
もし、本当に薬が効くなら、どうして病気自体がなくなっていかないのでしょうか?

□睡眠不足の人
人の身体は寝ているときに壊れた身体を修復してくれます。
病院の入院患者の消灯は、確か夜の9時か10時ではないでしょうか。
早く寝れば回復するということを医師が認めているのです。
それほど睡眠は大事なものです。

□感謝がない人
何かの問題に悩んでいる人は、多くの場合感謝が不足しています。感謝は有難いという気持ちです。
効果のある整体施術をして、良い変化が現れても、感謝の気持ちが薄い人は反応も薄いし、そういう人は喜びも表現しません。ですから、治りにくいです。

□思い込みの強い人
「歳だから」
「背骨が変形しているから」
「ヘルニアがあるから」
「軟骨がすり減っているから」
「神経の圧迫が強いから」
「姿勢が悪いから」などと、自分で治らない理由を決めてくる方がいます。

高齢者でも元気な人はいくらでもいます。背骨が変形していても何とも無い人の方が多い。ヘルニアがあっても無症状の人はたくさんいます。軟骨のすり減りは歳を取れば、誰でも普通に見つかる。
神経の圧迫があっても痛みがない人はたくさんいます。
姿勢が悪くて症状が出るなら、たいがいの人に当てはまります。
迷信を信じていることの方が、健康にとって有害になります。

ほとんどは、自己暗示で症状に意識が向くことになり、痛みが出やすくなったりします。
関係が分かっていないものは、鵜呑みにしないこと、認めないことです。

□極端にマイナス思考の人
誰しも、マイナス思考は多少あります。ボクもそうです。でも、極端なマイナス思考の人は、どんないい施術をしても「まだ、ここが痛い」と言い続けます。
「良くなった」「ラクになった」とは口が裂けても言いません。
人の体が治る時は100%痛いのが、1回の整体でいきなり0%にはなりません。(なることもありますが)
1回で50~80%改善すればいい方です。
身体が良くなっていても気づかない、認めないというケースです。

□大きなストレスがある人
ストレスを抱えると身体の機能は確実に低下します。職場や家庭などで悩みやストレスを抱えていて、そのストレスがかかり続けている人も治りにくいです。
その悩みストレスをどうするか?を考える必要があると思います。
************************************************************
結局、その人の生き方、生活習慣が身体に現れるのです。
その考え方、吐く言葉、その行動、その態度、その生活習慣がまさに回復に関係しているのです。
そこに本人が気づかなくてはなりません。
偉そうに書きましたが、私自身にもおおいに身に覚えがあることです。
「気づき」が大切ですね。

あらた整骨院では、しっかり整体施術をするために完全予約制です。

電話099-258-1141

➡トップページへ戻る

あらた整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel099-258-1141

鹿児島市荒田1-40-11 トーカンマンション1F
荒田八幡電停より徒歩1分

ページトップへ戻る