むち打ち・交通事故について

整骨・整体口コミ体験談「交通事故による全身の痛み」
整骨院に通うのは、全く初めてのこと。これまで・・
ごく普通に 生活をおくっていましたが、突然の事故により、 心も体も・・ 一変してしまいました。 重症に至らなかったものの、頭は重いし情けないぐらい手足があがらない、首はまわらない、腰痛から前かがみの姿勢のうえ、寝返り、あお向けになることさえままならず、痛みが痛みを呼ぶような感じで・・とにかく、少しでもラクになりたい・・!

そういう思いから不安をかかえての受診でした。
初日、元気な今村先生と明るいスタッフに迎えられ、まず治療において今の状態とこれからの治療方針の説明をしていただきました。

この時の「キチッと治りますよ」というやさしさも力強い言葉に安堵したことを覚えています。
(毎回のように励まして下さるので、不安がありません。)

そしてこのような症状でも、初日から体が軽くなるのを感じました。
寝返りで目が覚めることなく、逆に朝目覚めた時の体がラクなこと。

ただ一時的に体がきしむような感じはありましたが、痛いところをさわるわけでもなく、体全体を根本的に治療して下さるので、頭の中に自然体でいられる感覚を入れこまれたような気がします。

特に、背中とお腹の施術後はスッキリした気分になるので、とても気に入っています。

痛みがひくのと同時に精神的にも落ち着き、以前より健康的な生活を送るために、定期的にお世話になりたいと思っています

柿本文恵様(仮名) 主婦 鹿児島市

ムチ打ちとは・・首が急激に鞭のようにしなったときに起こる傷害で、自動車運転中に突然追突されたときなどに起きます。

軽度から重度の場合まで程度はいろいろで、受傷の直後、数時間後・・
あるいは翌日になってから首の痛み、頭重感などの症状が起こったりします。

このほかにも、首がよく動かなくなったり、腕がしびれたりする症状が現れることもあります。

むちうち症の見立ては、他覚的には判断が難しく、レントゲン検査などでも特別の異常所見がないのに、不安感などの精神的要素が影響したりして、なかなかよくならない場合があります。

交通事故の施療は、一般に重症の場合のみならず比較的軽傷と思われるものでも、予後を考慮して入院または通院施療が行われます。

当院の整体施術では、病院での施療が一段落しても、なお軽快しない場合にもよりよい効果が期待できます。

当院での交通事故ムチ打ちは、自倍責、損害保険、任意保険などの保険を取り扱い、窓口負担「0円」の施術が当院では受けられます。

むち打ち症と言えば車の追突事故を連想するくらい、交通事故で起こりやすい外傷です。

追突、正面衝突などで首が大きく前に曲がったり、後ろにのけぞったりする事で、頸椎が損傷を受けてムチ打ち症になります。
追突事故の場合は、追突された車に乗っていた人の胴体は進行方向に移動しますが、頭は元の位置にとどまろうとします。
そのため、首が後ろにしなって、頭が後ろに反るような形になります。
その後、反動のために頭は前のほうに振られて、首は前側にしなるような格好になります。

正面衝突の場合は、追突の場合とは逆の動きになります。

ラグビー、スキー、レスリングなどのスポーツで、何らかの原因で首が衝撃を受けたときにもむち打ちは起こることがあります。

むち打ち症の症状は? あらた整骨院鹿児島本院

ムチ打ち症状は、首や肩の痛み、首が動かしにくい、頭痛、肩こりなど、寝違いや肩こりに
似ていて、傷害を受けた直後から、遅くても数時間後から翌日頃に現れてきます。

他にも、めまい、手の震え、手足のしびれ、感覚異常、だるさ、倦怠感、吐き気、および集中力の低下、ふらつき感、膀胱障害なども出ます。

頚椎の周りの筋肉や靭帯、軟部組織の損傷などでみられる頸椎捻挫の多くは軽症で、椎間板に小さなひびが入ったり、靭帯に小さな切れ目ができていると考えられます。
頸椎捻挫を起こしても症状の出ない人もいます。

激しい衝撃を受けて神経根が上下の椎骨に圧迫された場合、首の痛みや腕の知覚異常が表れ、首を動かしたり、咳やくしゃみをした時に痛みを強く感じます。

また、後頭部や顔面に痛みを感じたり、顔に薄い布をかぶったような違和感を感じる人もいます。

脊髄が損傷を受けた場合には、足のしびれや知覚異常、歩行障害、尿や便が出にくいなど、下肢の障害が多く出ます。

ときには、事故から1~3ヵ月後たってから、吐き気、めまい、耳なり、しびれ、冷や汗、筋力低下などの症状を訴える人もいます。
こうした症状は、交感神経の働きが異常になったために生じると考えられています。
この症状は、バレリュー症候群と呼ばれています。
後部交感神経症候群ともいわれ、頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下し、 頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などの症状が現れると考えられています。

バレリュー症候群は、事故の直後などに安静を保たないために起こることが多いようです。

ムチ打ちの施術 あらた整骨院鹿児島本院

当院は寝ちがいや頸椎ヘルニアにも効果がありますが・・ムチ打ちに対する整体法もかなり改善率が高いです。

また、当院の施術は他院とはかなり異なります。
初回施術は患者様に交通事故に遭った姿勢をしてもらい、カラダに軽くショックを与え潜在意識の中で事故を再現します。これをすると、ムチ打ち症の改善率が全然違います。

一言で、ムチ打ち症といっても軽度から重症まであるわけで、初期には自宅でアイシングを指導し、炎症を抑えつつ、必要であれば、頚椎を固定するために首に頚椎カラーをつけ固定処置を行います。

病院や、他の整骨院・接骨院も交通事故のムチ打ちを取り扱っていますが、そこで行う様な機械による頚椎の牽引とかストレッチというような施術は行っていません。

首を後ろに反る、前や左右に曲げる、あるいは左右に廻して、痛かったり、制限があっても、ほとんど、首は触らず整体施術します。

どこを触るかと言えば、腰・肩・腕・肋骨なでを操作して首を改善します。

不思議ですが、頭痛や、首が回らないといった症状は・・
数回の施術で明らかな改善を体感できます。

むち打ちで、お悩みの方は、あらた整骨院にお気軽にご相談下さい。
当院には交通事故に遭われて、多くのムチ打ちの方が来院されています。

むち打ちは、きちんと施術をすれば、必ず改善できます。

もし、交通事故の被害者になったら

まずは加害者の運転免許証を見せてもらい、住所・氏名を確認して車のナンバーも必ず控えておきましょう。

携帯電話番号はもちろんのこと、勤務先も聞いておきましょう。
交通事故現場を確認し、念の為ケータイ等で交通事故車や現場の写真を撮っておくことが大切です。

そして警察へ届けましょう。

加害者は事故の報告をする義務がありますが、被害者からも届出を忘れず行いましょう。
その時は症状が出ていなくても、後々痛みがでることもあります。
必ず届出を行い、「交通事故証明」を申請しましょう。
これは保険金の請求手続きの際に必要になります。

次に整形外科病院の検査を受けましょう。

さほど「痛くも痒くもない」 と思っていても、意外に後で痛くなる場合もあります。
事故に遭ったら医師の診察を受けることが大切です。
人身事故扱いになるにしろ、ならないにしろ一応ここまでは、やっておきましょう。
事故による痛みがある場合は診断書を発行してもらい必ず所轄の警察へ提出してください。
診断書を提出することで、自賠責保険への治療費の請求が可能となります。

その後は、整形病院で治療するも、整骨院で治療するも被害者の自由であり、加害者側や保険会社が決めることは出来ません。

当院は交通事故むち打ちの施術には自信があります。

どうぞお気軽にご相談下さい。

 

⇒首のヘルニア

あらた整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel099-258-1141

鹿児島市荒田1-40-11 トーカンマンション1F
荒田八幡電停より徒歩1分

ページトップへ戻る