メールで問合せ 今すぐ電話

秋のこの時期、夏の疲れが残っているかも

この時期、こうした症状はありませんか?

・最近、ひどく体調をくずす
・なんか体がだるい
・寝ても疲れがとれない
・すぐ疲れる
・体力がガクンと落ちた
・ぎっくり腰を起こした
・腰が慢性的に痛い
・頭痛がする
・めまいがする

実は、これらには近年の猛暑が関係しているかも知れません。
かつての日本の夏は、日中こそ暑いものの夜は涼しくなり、体にとってそんなに負担はありませんでした。
しかし、近年の夏は、体温を超えるほどの気温や高い湿度、寝苦しい熱帯夜が続き、回復の時間を与えてもらえません。

体温を超すほどの外気温は、それ自体が強い刺激なので、体はそれに耐えるべく緊張します。
その緊張した部位の中でも、とくに張り詰めた箇所の血液やリンパの流れ、神経の伝達などが悪くなり、硬く、冷たくなっていきます。
これが継続すると、筋肉や骨、内臓がだんだん正常に働かない状態になります。こうして体の中に、部分的に働かない箇所が生じます。それでも体は生きるために、そこをカバーすべくほかの部位が酷使され、壊れた部位以外にも不調を連鎖させていくのです。

夏の疲れは9月から・・

9月になり朝晩が涼しくなり、暑さが和らいだからといって、これで、過ごしやすくなったと安心するにはまだ早いです。脳や身体に猛暑の疲れが残ったままだと、思わぬ不調や疾病を招くからです。

この夏、記録的な猛暑に順応しようと、脳と身体はかなり疲弊しています。7~8月は暑さがピークで、心身の疲労は食欲不振や睡眠不足などが自覚しやすい形で表れます。
その状態を解消しないで秋を迎えると、様々な病気を発症するリスクが高まるのです。

整体的にみると、夏の疲労にも、良いモノと悪いモノがあり、良い疲労であれば横になるとすぐに眠りにつけるので、疲れは睡眠によってとれます。
一方、悪い疲労はカラダ全体もしくは一部、または精神的、心理的に疲労するもので、疲れすぎて眠れない。いくら眠っても疲れが取れないということが起きてしまいます。

夏の疲れを自分でできる整体的対処法

この時期は筋肉トレーニングよりもコンディション回復が大切です。手軽に取り組める方法を3つお勧めします。あまりにも簡単で当たり前のことなので「なんだ~」と言われそうなので書きたくはありませんが、効果は抜群です。

1、仰向けでゆったり腹式呼吸
疲労感を訴える人の多くが、呼吸が浅く肩で呼吸をして体に負担をかけています。腹式呼吸が自然に出来るようになれば疲れも取れてきます。

また、精神も安定してくるので、心理面でのストレスからくる慢性疲労にも効果的です。
寝る前と朝起きたときの1日2回行うことを習慣にしましょう。

2、背骨伸ばし体操
➀仰向けに寝て腕を頭上方に伸ばします。
➁腕を床につけて、さらに腕をグーッと気持ちよく伸ばす。
➂さらに腕を伸ばすとともに足も踵を突き出すように伸ばす。

3、シャワーではなくお風呂に浸かる
37〜39℃のぬるめのお湯にゆっくりと浸かり1日の疲れを癒しましょう。

弱った体を蘇らせる一つの方法、それが整体

猛暑をきっかけに体が部分的に壊れ、その結果として病気や不調になってしまう。こんな状態が続いたら、体はどんどん弱っていきます。実際、ここ数年で肩こりや頭痛、腰痛が悪化した。

吐き気に悩まされるようになった、神経痛になった、突然腫瘍ができたなど、これまで病気とは縁のなかった人すら、ひどい症状があらわれるケースが激増しているのです。
こうした症状を根本から解消し、弱った体を蘇らせる一つの方法が「整体」です。
ストレスや過労、異常気象など、体にとって過酷なこの時代を生き抜くには、知恵が必要です。
体を正しく知り、自分の身を守れるようになりましょう。

整体料金のページ
院長プロフィールのページ

鹿児島の整体あらた整骨院 鹿児島で一番人気の整体ならあらた整骨院の診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel099-258-1141

鹿児島市荒田1丁目40-11-1Fトーカンマンション
荒田八幡電停より徒歩1分

ページトップへ戻る