ネットで予約 今すぐ電話

寝てても痛い、寝返りも打てない腰痛の寝方

腰痛は寝ている時に回復する

腰が痛くて、「仰向けで寝ているときも痛い」「夜も安眠できない」「寝返りを打つこともできない」と、いうようなツライ腰痛の方が、当院へはたくさん来院されています。
もちろん、腰痛の重症度に個人差がありますが、横になって安静休養する。あるいは、夜にしっかり眠ることで身体の修復作用が起こり、腰が回復、改善されていくものです。
しかし、腰痛でも「寝てても痛い」「寝返りを打てない」くらいの痛みがある時にどうすればいいのか?

ラクになる寝方がある

実は、もちろん、痛みはゼロになりませんが、多少痛みが軽減する寝方が必ずあります。
もし、まったく無いとすれば重篤な病気が考えられます。
そのときは、迷わず医療機関に行くことをお勧めします。
これを実践することで、夜もある程度、眠ることが出来て腰痛も回復、改善されやすくなります。
横になるとき、楽な姿勢をとり、負担のかかった腰を休ませることが早い回復を促すのです。

仰向けの寝方

仰向け時の寝方→膝を曲げる→ 曲げる角度は一番ラクになる角度をとる。
まず、膝を伸ばすと、緊張したお腹の筋肉(腸腰筋)が伸びます。
この緊張した腸腰筋が、腰の骨を引っ張るから腰が痛いのです。


足を伸ばした状態が続くと腰への負担が大きくなり、さらに腰の痛みが増強します。
ですから、あお向けに寝る時は、膝を軽く曲げて寝ることで、腰への負担を抑えることができます。
枕などのクッションを膝裏にいれて休まれると腰痛が少しラクになり、腰痛の回復につながります。

横向きの寝方

横向き時の寝方→抱き枕を使う
横向きで寝るときは、抱き枕が一番です。
特にぎっくり腰の時は背中を少し丸めて、膝も曲げて横になると腰への負担が軽減され回復につながります。

上の写真は抱き枕ではありません。もし、抱き枕がない場合は、クッションをいろいろ試してみてください。
それでも、改善されない場合は専門家の治療が必要です。

当院は『腰痛』に自信があります。
一刻も早く回復させたい方は、お気軽にお電話ください。
しっかり施術をするために完全実費の予約制です。
(電話099‐258-1141)

>>こんな腰痛は危険ですよ

>>ぎっくり腰の原因と対策

鹿児島の整体あらた整骨院 鹿児島で一番人気の整体ならあらた整骨院の診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel099-258-1141

Tel099-258-1141

鹿児島市荒田1丁目40-11-1Fトーカンマンション
荒田八幡電停より徒歩1分

ページトップへ戻る